2022년판 자동차 부품의 로드맵

출판 : 総合技研(SOGOGIKEN) 출판년월:2022년01월

・2022年版 自動車部品のロードマップ

페이지수 253
가격 98,000엔
구성 일본어조사보고서

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

SOGOGIKEN(総合技研) 「2022년판 자동차 부품의 로드맵」은 자동차에 특히 중요한 시스템 및 부품에 대한 로드맵을 제공하고 있습니다.
제1장에서는 ‘달리는’, ‘굽힘’, ‘멈춤’ 로드맵 전체상, 환경규제 강화에 대한 대응책, 배기 가스 규제·연비 규제 강화 동향 등의 시장 개요 및 시장 환경.
제2장에서는 일본 및 세계 파워트레인 시장 동향이나 시장 예측.
제3장에서는 브레이크, 스티어링, 액셀의 시장 동향이나 시장 예측.
제4장에서는 선진 안전·자동 운전, 그리고 카 에어컨이나 에어백 등의 바디계 시스템에 대해 정리하고 있습니다.

이 보고서 정보

현재의 자동차는 환경, 안전, 비용의 3개의 경쟁축이 있어, 그 중에서도 환경과 안전축은 선진국 시장을 중심으로 존재감이 크고, 환경 특히 파워 트레인의 전동화는, 풀 HEV, PHEV, EV 등 전동화 차량의 시장 확대, 그리고 브레이크나 스티어링 등에 있어서의 전동화·자동화 등의 진전은 기존의 부품 업계에 미치는 영향은 점점 강해지고 있다.

이 자료는 파워 트레인의 전동화와 브레이크, 스티어링, 액셀에 있어서의 전자화, 전동화, 자동화 등을 중심으로 ‘달리는’, ‘굴곡’, ‘멈추는’ 등의 차로서의 기본 기능 외에도 자동차 에어컨 등의 쾌적 장비 와 안전 장비의 영역에 있어서 시스템 및 부품의 로드맵을 정리하고 있습니다.

 

조사 대상 항목 및 조사 항목

I. 환경 규제 강화에 대한 대응책

1. 파워 트레인 기술 개발에 의한 대응
2. 차체 경량화에 의한 대응

Ⅱ. ‘달리기’, ‘굴곡’, ‘멈추기’ 자동차로 기본 3가지 기능

1. 파워 유닛

1) 파워 유닛 종류별 시장 규모 및 로드맵
2) 차세대 가솔린 엔진 개발 동향
3) 클린 디젤 엔진 개발 동향
4) 파워 유닛 전동화에 의한 보조 기계에의 영향
5) 구동·발전용 모터(기술 동향, 시장 규모)
6) 배터리 (기술 동향, 시장 규모, 배달지도)
7) PCU(인버터, DC/DC 컨버터)

2. 변속기

1) AT, CVT, AMT, DCT, RG 로드맵
2) AT・CVT・AMT・DCT・MT・RG별 시장 동향(시장규모)※RG:감속기
3) 전동 액슬화 동향

3. 브레이크

1) 브레이크 시스템 전원
2) 전자화·전동화에 의한 브레이크 시스템의 진화
3) 브레이크의 고기능화・다기능화・자동화
4) 기술 로드맵
5) 브레이크 시스템의 전동화에 따른 향후 변화
6) 브레이크 부스터의 동향
7) ABS · ESC 시장 동향 (시장 규모, 점유율, 배달지도)
8) EHB 시장 동향(시장 규모, 점유율, 배달 지도)

4. 스티어링

1) 스티어링 시스템의 고기능화
2) 기술 로드맵
3) 스티어링 시스템의 장래상(2035년~)
4) 스티어링 시스템의 현황과 미래의 변화
5) 파워 스티어링 시장 동향(시장 규모, 종류별 내역)
6) 액티브 스티어링 · VGRS 시장 동향 (시장 규모, 배달지도)

5. 액셀
6. 자동 운전 실용화·고도화를 위한 로드맵

Ⅲ. 기타

1. 에어컨(전동화·전자화 동향)
2. 안전벨트
3. 주차 브레이크
4. 에어백

조사 연구 포인트

  1. 2000년부터 2035년까지의 기술 변화와 수요 구조의 변화를 분석, 2035년까지의 기술 로드맵
  2. 전자화, 전동화, 자동화 등에 의한 변화의 요인을 분석 1. 시장 규모 확대, 감소 요인 분석

조사 대상

  1. 카 메이커 전반
  2. 주요 국내 자동차 부품 제조업체
  3. 주요 해외 자동차 부품 제조업체
  4. 관공청, 각 관련 연구 기관

목차

Ⅰ.市場概要・市場環境

1.「走る」「曲がる」「止まる」はどう変わるか・・・・・・( 1)
2.「走る」「曲がる」「止まる」ロードマップ全体像(~2035年・2050年)( 3)
3.今後、採用が進む有望システム・部品は何か・・・・・・・・・( 4)
4.有望15システムの市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・( 6)
5.有望15システムの搭載率(世界・日本2016~2035年予測)・・・・・( 8)
6.有望部品20品目の市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・( 10)

7.環境規制強化への対応策・・・・・・・・・・・( 14)

1)パワートレイン技術開発・・・・・・・・( 14)
2)車体軽量化(アルミ化、ハイテン化)・・・・・・・( 16)
3)車体軽量化(CFRP化) ・・・・・・・・・( 18)

8.排ガス規制・燃費規制強化の動向(~2035年) ・・・・( 19)

1)日欧米中・・・・・・・・・・・・・( 19)
2)その他(インド、ブラジル、インドネシア、オーストラリアなど) ・・・( 23)

9.ロードマップ総括(~2035年、2035~2050年、2050年~) ・・・・( 25)

Ⅱ.パワートレイン編

1.パワートレイン市場動向・・・・・・・・・・・( 28)

1)パワートレインの種類と電動化レベル・・・・・・・( 28)
2)ICEV/EPTV別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・・・( 30)
3)EPTV種類別市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・・・( 32)
4)ガソリン/ディーゼル別エンジン市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・( 34)
5)パワートレイン別エンジン別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・( 36)
6)エンジンの市場的位置付け、搭載率(世界・日本2016~2035年予測) ・・・( 39)
7)トランスミッションの市場的位置付け、搭載率(世界・日本2016~2035年予測) ・・・( 40)

2.パワートレインの電動化が周辺システム・部品に与える影響・・・・( 41)

1)パワーユニット周辺システム数(冷却、潤滑、油圧、電源、燃料供給) ・・・( 41)
2)補機類の動力源の動向・・・・・・・・・・・( 42)
3)潤滑システムの電動化と油冷化の動向・・・・・・・( 43)
4)パワートレインの電動化とステアリング・ブレーキへの影響・・・・・・( 44)
5)有望エンジン4部品の納入マップ、市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・ ( 45)

3.ガソリンエンジン・・・・・・・・・・・・( 49)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・( 49)
2)ロードマップ(~2035年、直噴、希薄燃焼、過給など要素技術)・・( 51)
3)ロードマップ(~2035年、高効率化)・・・・・・・・・( 54)
4)ダウンサイジング・ライトサイジングの動向・・・・・・( 56)
5)モジュール化・レスシリンダー化の動向・・・・・・・・( 59)
6)次世代ガソリンエンジンの実用化時期・開発動向・主要開発メーカー・・( 61)
7)新型エンジン開発事例・・・・・・・・・・・( 65)
8)ガソリンエンジンの市場的位置付け・シェア・・・・・・( 75)

4.ディーゼルエンジン・・・・・・・・・・・・・( 77)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・( 77)
2)ロードマップ(~2035年、高効率化・高出力・排ガス処理対策)・・( 78)
3)ディーゼル車シェア推移(欧州:1990~2019年) ・・・・( 80)
4)主要ディーゼルエンジン型式一覧・・・・・・・・・( 81)
5)カーメーカーにおけるディーゼルエンジン開発動向・・・・・( 83)
6)ディーゼルエンジンの市場的位置付け・シェア・・・・・・・( 85)

5.トランスミション・・・・・・・・・・・・( 87)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・( 87)
2)ロードマップ(~2035年、ステップAT、CVT、DCT共存)・・( 88)
3)ロードマップ(~2035年、燃費向上:レシオカバレッジ拡大)・・・・・( 89)
4)ロードマップ(~2035年、燃費向上:ハイブリッド化対応)・・・・( 91)
5)ロードマップ(~2035年、協調制御)・・・・・・・・・( 92)
6)ロードマップ(~2035年、減速機2段化) ・・・・・・・( 93)
7)電動化車両用に用いられるトランスミッションは何か・・・・・・( 94)
8)ステップ・AT・CVT・減速機納入マップ・・・・・・( 96)
9)トランスミッション種類別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・・( 97)

6.電動アクスル(e-Axle) ・・・・・・・・・・( 99)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・( 99)
2)ロードマップ(~2035年、機電一体)・・・・・・・・・(100)
3)電動アクスル採用車種、納入マップ・・・・・・(102)
4)電動アクスル市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・・(103)

7.駆動モータ・・・・・・・・・・・・・(104)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・(104)
2)ロードマップ(~2035年、モータ種別・搭載数) ・・・・・・(105)
3)ロードマップ(~2035年、脱レアアース・省レアアース、高速対応) ・・(107)
4)ロードマップ(~2035年、小型化・省スペース) ・・・・・・(109)
5)ロードマップ(~2035年、インホイールモータ) ・・・・・・(110)
6)ロードマップ(~2035年、BAS・ISG) ・・・・(112)
7)主要EV・PHEV・フルHEV・48V-HEVにおける駆動モータ出力・・・(114)
8)トランスミッションへの駆動モータ組み込み動向・・・・(117)
9)駆動モータ納入マップ・・・・・・・・・・・(119)
10)駆動モータ市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・・(121)

8.インバータ・DC/DCコンバータ(PCU)・・・・・・(123)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・(123)
2)ロードマップ(~2035年、SiC化)・・・・・・・・・(124)
3)ロードマップ(~2035年、PCU冷却システム) ・・・・・・(125)
4)インバータ・DC/DCコンバータ納入マップ・・・・・・・(127)
5)PCU市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・・・・・・(129)

9.バッテリー・・・・・・・・・・・・・(130)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・(130)
2)ロードマップ(~2035年、エネルギー高密度化・次世代新技術)・・(131)
3)ロードマップ(~2035年、低価格化)・・・・・・・・・(133)
4)ロードマップ(~2035年、冷却技術)・・・・・・・・・(134)
5)主要EV、PHEV、フルHEV・48V-HEVにおける電池容量・・(136)
6)バッテリー納入マップ・・・・・・・・・・・(138)
7)電動化車両別バッテリー市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・(141)

III.ブレーキ・ステアリング・アクセル編

1.フットブレーキ・・・・・・・・・・・(143)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・(146)
2)ロードマップ(~2035年、応答性・冗長性・回生協調・多機能化) ・・・(149)
3)ロードマップ(~2035年、電子化・電動化・脱油圧・バイワイヤ化) ・・(151)
4)ブレーキシステム種類(HB/EHB/EMB)別特性と対応可能な機能・・(153)
5)EHB開発動向と採用拡大の動向・・・・・・・・・(155)
6)EMB開発動向と搭載車イメージ・・・・・・・・・(158)
7)回生エネルギー利用の現状と今後・・・・・・・・・(160)
8)ブレーキシステム動力源と伝達媒体の現状と今後・・・・(162)
9)電動化車両用ブレーキブースタ種類別採用状況の現状と今後・・・・・・(164)
10)油圧発生・加圧用モータの現状と今後・・・・・・・・(166)
11)電動油圧ブースタのサプライチェーン(ボールねじ~モジュール)・・(168)
12)バキュームブースタ納入マップ・・・・・・・・・(169)
13)電動油圧ブースタ納入マップ・・・・・・・・・・・(170)
14)ESC市場規模・搭載率(世界・日本2016~2035年予測)・・(172)
15)ブレーキ方式別市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・(173)
16)EHB搭載車両種類別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・(175)
17)ブレーキブースタ方式別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・ (176)
18)電動油圧ブースタ種類別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・(177)
19)ESC加圧ポンプ市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・(178)

2.ステアリング・・・・・・・・・・(179)

1)ロードマップ(~2050年、概況)・・・・・・・(181)
2)ロードマップ(~2035年、バイワイヤ化、自動運転への対応)・・・・・(183)
3)ロードマップ(~2035年、EPS冗長化、自動運転への発展)・・・・・(185)
4)ステアリングに対するニーズ・・・・・・・・・・(186)
5)パワーステアリング方式別種類別特性比較と採用車両セグメント・・・・(187)
6)パワーステアリング構成部品とアシスト動力源・・・・・・・(190)
7)バイワイヤ化による高機能化と主要構成部品・・・・・・(192)
8)EPS納入マップ・・・・・・・・・・・・・(195)
9)VGRS技術概要、採用車動向、主要構成部品納入マップ・・・・(196)
10)電子ハンドル技術概要、採用車動向、主要構成部品納入マップ・・・・(199)
11)パワーステアリング方式別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・(203)
12)EPS種類別市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・・・(205)
13)VGRS市場規模・搭載率(世界・日本2016~2035年予測) ・・・(207)
14)電子ハンドル市場規模・搭載率(世界・日本2016~2035年予測)・・・(208)
15)EPSアクチュエータ市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・・・・(209)
16)VGRSアクチュエータ市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・(210)
17)電子ハンドル用転舵アクチュエータ市場規模(世界・日本2016~2035年予測)・・・(211)

3.アクセル・・・・・・・・・・・・(212)

1)ロードマップ(~2035年、ワンペダルオペレーション)・・・・・・(213)
2)ロードマップ(~2035年、バイワイヤ化) ・・・・・・・(214)
3)電子スロットル納入マップ・・・・・・・・・(215)
4)電子スロットル市場規模・搭載率(世界・日本2016~2035年予測) ・(216)

4.パーキングブレーキ・・・・・・・・・・・・・(217)

1)ロードマップ(~2035年、EPBとESCとの一体化)・・・・・・(218)
2)EPB種類別採用車動向・・・・・・・・・・(219)
3)EPB納入マップ・・・・・・・・・・・・・(220)
4)EPB市場規模・搭載率(世界・日本2016~2035年予測)・・・・・(221)
5)EPBアクチュエータ市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・・・(222)

IV.先進安全・自動運転・ボディ系システム編

1.先進安全・自動運転・・・・・・・・・・・・・(223)

1)自動運転化の狙いはどこにあるか・・・・・・・・・(224)
2)ロードマップ(~2035年、世界の自動化レベル) ・・・・・・(226)
3)ロードマップ(~2035年、日本の自動化レベル) ・・・・・・(227)
4)自動運転のキー部品(レーザー・レーダー・カメラ・ソナー)の動向・・(230)
5)自動化レベル別市場規模・搭載率(世界・日本2016~2035年予測)・・・(232)
6)運転支援・自動運転用センサ種類別市場規模(世界・日本2016~2035年予測) ・・・・(234)

2.カーエアコン・・・・・・・・・・(235)

1)ロードマップ(~2035年、冷媒・コンプレッサー・空調方式)・・・・・(237)
2)カーエアコンに対するニーズ・・・・・・・・・・(238)
3)パワートレイン(ICEV・HEV・EV)別のシステムのちがい・・・・・(239)
4)パワートレイン電動化にともなうカーエアコンの変化・・・・・・(240)
5)主熱源、補助熱源の現状と今後・・・・・・・・・・・(242)
6)排ガス熱利用の動向・・・・・・・・・・(243)
7)電動コンプレッサー納入マップ・・・・・・・・・・・(244)
8)電動コンプレッサー市場規模(世界2016~2035年予測)・・・・(246)

3.シートベルト・・・・・・・・・・(247)

1)ロードマップ(~2035年、プリテンショナ・リトラクタ)・・・(248)
2)シートベルトに対するニーズ・・・・・・・・・・(249)
3)モータリトラクタ市場規模(日本2016~2035年予測)・・・(250)

4.エアバッグ・・・・・・・・・・・・・(251)

1)ロードマップ(~2035年、乗員保護・歩行者保護) ・・・・・・・(252)
2)エアバッグ応用システム(ポップアップエンジンフード、歩行者エアバッグ)の動向・・・(253)


    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com