2022년판 2035년까지의 자동차 산업 예측

출판 : 総合技研(SOGOGIKEN) 출판년월:2022년01월

2022年版 2035年における自動車産業予測
이 보고서는 2035년까지의 자동차 산업에 있어서의 수요, 보급 상황, 기술 동향 등을 예측하고 있습니다。

페이지수 239
가격 98,000엔
구성 일본어조사보고서

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

総合技研「2022年版 2035年における自動車産業予測」は2035年までの自動車産業における需要、普及状況、技術動向などを予測しています。
SOGOGIKEN(総合技研)「2022년판 2035년에까지에 자동차 산업 예측」은 2035년까지의 자동차 산업에 있어서의 수요, 보급 상황, 기술 동향 등을 예측하고 있습니다。

 

第1章は「自動車産業を取り巻く環境」と題し、日本および世界の経済、GDP、人口推移などの情報を提供しています。
제1장은 “자동차 산업을 둘러싼 환경”이라는 제목으로 일본 및 세계의 경제, GDP, 인구 추이 등의 정보를 제공하고 있습니다。
第2章は当レポートの主題となる「自動車の2035年の需要予測」と題し、自動車生産台数の現状と予測、日本および米国、欧州、アジアなどの日本国外の自動車市場の現状と予測を掲載しています。また日本の自動車輸出台数に関する実績および予測データも提供しています。さらには日本、米国、欧州のカーメーカーの競争力やブランド別シェア、戦略についても詳述しています。
제2장은 본 리포트의 주제가 되는 「자동차의 2035년의 수요 예측」이라고 제목을 붙여, 자동차 생산 대수의 현황과 예측, 일본 및 미국, 유럽, 아시아 등의 일본국외의 자동차 시장의 현황과 예측을 게재 하고 있습니다. 또한 일본의 자동차 수출 대수에 관한 실적 및 예측 데이터도 제공하고 있습니다. 게다가 일본, 미국, 유럽의 자동차 메이커의 경쟁력이나 브랜드별 쉐어, 전략에 대해서도 상세히 설명하고 있습니다。

レポート概要

2035年までの自動車産業を取り巻く環境の変化と自動車の今後の需要予測、自動車産業のグローバル化、エレクトロニクス化、電動化車両の普及予測と技術動向に関する分析・予測結果を掲載しています。
2035년까지 자동차 산업을 둘러싼 환경의 변화와 자동차의 향후 수요 예측, 자동차 산업의 글로벌화, 일렉트로닉스화, 전동화 차량의 보급 예측과 기술 동향에 관한 분석·예측 결과를 게재하고 있습니다。
조사 연구 포인트

  1. 자동차 산업을 둘러싼 환경
  2. 자동차 2035년까지 수요 예측
  3. 2035년을 위한 자동차 제조업체, 부품 제조업체의 방향, 사고 방식
  4. 전기 자동차, 플러그인 하이브리드 자동차, 연료 전지 차량 등 전동화 차량의 미래 예측
  5. 카 일렉트로닉스, 자동 운전 시스템을 중심으로 한 기술 동향
  6. 각 자동차 제조업체의 세계 전략 차량 동향

조사 항목

1. 자동차 산업을 둘러싼 환경

1) 경제
2) 산업 구조
3) 인구 구성
4) 라이프 스타일
5) 교통 및 도로 계획
6) 에너지의 현황과 장래 동향

2. 자동차 생산량의 현황과 예측

1) 일본의 자동차 생산 대수 예측
2) 세계의 자동차 생산 대수 예측(전체, 지역별)

3. 일본, 미국, 유럽, 아시아 등 자동차 시장

1) 일본의 자동차 판매 대수 예측
2) 미국, 유럽, 아시아(일본 포함) 등의 자동차 시장(2035년 예측)

현황과 예측

1) 일본의 자동차 수출 대수 예측
2) 일본의 마무리지별 자동차 수출 대수 예측
3) 일본의 차종별 자동차 수출 대수 예측

5. 자동차 보유 대수 예측

1) 일본의 자동차 보유 대수 예측
2) 세계 주요국의 자동차 보유 대수 예측

6. 차량 구성 2035년 예측

1) 카테고리별 판매 대수 (2019년, 2020년, 2021년)
2) 카테고리별 수요 예측 (2035년 예측)

7. 각 장비 예측

1) 장착률 예측(국내 생산 대수 기준)
(CVT, 전동 파워 스테이, 차간 거리 레이더, LED 헤드 램프, 파워 슬라이드 도어, 파워 백 도어 등)

8. 자동차 메이커의 동향, 전개

1) 일본, 미국, 유럽 경쟁력 비교
2) 자동차 산업의 글로벌화·재편성의 방향성
3) 세계전략차의 동향, 사고방식
4) 각 자동차 제조사에서 2035년을 향한 사고방식

9. 기술 혁신

1) 자동차를 둘러싼 2022~2035년까지의 혁신
2) 자동차 전자의 동향
3) 전기자동차·플러그인 하이브리드차·연료전지차 등의 전동화 차량의 기술 동향과 보급 예측 (EV, PHV의 글로벌 생산 대수 예측 등)
4)자동운전시스템의 동향(2035년 예측)

10. 소재

1) 알루미늄화 동향
2) 마그네슘화의 동향
3) 수지화의 동향

조사 대상

    • 카 메이커 일반
    • 주요 자동차 부품 제조업체
    • 주요 해외 제조업체
    • 관공청, 각 관련 연구 기관

목차

I.自動車産業を取り巻く環境・・・・・・・・・( 1)

1.経済・・・・・・・・( 1)
2.世界各国のGDP推移(2035年予測) ・・・・・・・( 2)
3.産業構造・・・・・・・・・( 3)

4.人口構成・・・・・・・・・( 4)

〔日本の総人口推移〕・・・・・・・・・・( 4)
〔日本の年齢3区分別人口推移〕・・・・・・( 4)
〔日本の人口ピラミッド〕・・・・・・・・・( 5)
〔世界人口の推移〕・・・・・・・( 6)

5.ライフスタイル・・・・・・・・・( 7)
6.交通及び道路計画・・・・・・・( 11)
7.エネルギーの現状と将来動向・・・・・・・・( 12)
8.電源構成の見直しについて・・・・・・・・・・( 12)

II.自動車の2035年の需要予測・・・・・・・・( 1)

1.概要・・・・・・・・( 1)

2.自動車生産台数の現状と予測・・・・・・・・( 2)

(1)2003年以降の日本の自動車生産台数推移・・・・・・( 2)
(2)会社別生産実績(2020年1~10月及び2021年1~10月)・・( 3)
(3)日本の自動車生産台数予測(2035年予測) ・・・・・・・( 4)

(4)世界の自動車生産台数予測(2035年予測) ・・・・・・・( 5)
1) 全体・・・・・・・・・( 5)
2) 地域別・・・・・・・・・・( 6)

3.日本、米国、欧州、アジア等の自動車市場・・・・・・・( 7)

(1)日本の自動車市場・・・・・・・・・・( 7)
1) 日本の1998年以降の自動車販売台数推移・・・・・・( 7)
2)日本の自動車販売台数予測(2035年予測) ・・・・・・・( 8)

(2)米国、欧州、アジア(日本含む)等の自動車市場(2035年予測)・・( 9)

4.日本の自動車輸出台数の現状と予測・・・・・( 16)

(1)1998年以降の日本の自動車輸出台数推移・・・・・・( 16)

(2)日本の仕向地別、車種別自動車輸出台数(2019年、2020年、2021年) ・・・・( 17)

<仕向地別(2019年、2020年、2021年)> ・・( 17)
<月別の仕向地別輸出実績(2020年1~10 月及び2021年1~10 月)> ・・( 18)
<車種別(2019年、2020年、2021年)> ・・・・( 19)
<カーメーカー別(2021年10月)> ・・・・・・・・( 19)

(3)日本の自動車輸出台数予測(2035年予測) ・・・・・・・( 20)
(4)日本の仕向地別自動車輸出台数予測(2035年予測) ・・( 21)
(5)日本の車種別自動車輸出台数予測(2035年予測) ・・・・( 22)

5.自動車保有台数予測(2035年予測) ・・・・( 23)

(1)2003年以降の日本の自動車保有台数推移・・・・・・( 23)
(2)日本の自動車保有台数予測(2035年予測) ・・・・・・・( 24)
(3)世界主要国の自動車保有台数予測(2035年予測) ・・・・( 25)

6.車両構成2035年予測・・・・・・・・・( 27)

(1)カテゴリー別需要予測・・・・・・・・・( 27)
1)自動車のカテゴリー・・・・・・・・・( 27)
2)カテゴリー別販売台数(2019年、2020年、2021年) ・・・( 29)
3)カテゴリー別需要予測(2035年予測) ・・・・・・( 32)

(2)各装備予測・・・・・・・・( 37)

1)装着率予測(国内生産台数ベース) ・・・・( 37)

    1. MT
    2. AT(CVTを除く)
    3. CVT ・・・・・( 37)
    4. AMT
    5. DCT
    6. 電子制御サスペンション・・・・・・ ( 38)
    7. ABS
    8. サイド&カーテンシールドエアバッグ
    9. ソナー・・・・・・ ( 39)
    10. オートエアコン
    11. クルーズコントロール
    12. キーレスエントリー・・・・・・( 40)
    13. カーナビゲーション
    14. パワーシート
    15. センシングカメラ・・・・・・ ( 41)
    16. 電動パワステ⑰電子制御パワステ(油圧式)
    17. 車間距離レーダー・・・・・・ ( 42)
    18. パワーウィンド
    19. パワードアロック
    20. ディスチャージヘッドランプ・・ ( 43)
    21. LEDヘッドランプ
    22. パワースライドドア
    23. パワーバックドア・・・ ( 44)

7.カーメーカーの動向、展開・・・・・・・・・・( 45)

(1)日、米、欧競争力比較・・・・・・・・・( 45)

1)日、米、欧の主要カーメーカーの比較・・・・・・・( 45)
2)日、米、欧の生産台数比較・・・・・・( 46)

3)日、米、欧のブランド別シェア・・・・・( 47)

    1. 日本市場(2019年、2020年、2021年) ・・・・( 47)
    2. 日本市場(2035年予測) ・・・・・・・・( 48)
    3. 米国市場(2018年、2019年、2020年) ・・・・( 49)
    4. 米国市場(2035年予測) ・・・・・・・・( 50)
    5. 欧州市場(2017年、2018年、2019年) ・・・・( 51)
    6. 欧州市場(2035年予測) ・・・・・・・・( 52)

4)主要装備(レーダーセンサー、レインセンサー)の装着率比較・・・・・・( 53)

(2)自動車産業のグローバル化・再編成の方向性・・・・・・( 55)

1)グローバル化・・・・・・・( 55)

    1. 日本カーメーカーの海外生産台数の推移(全体実績) ・・( 55)
    2. 会社別海外生産実績(2020年1~10 月及び2021年1~10 月) ・・・・・・( 56)
    3. 日本カーメーカーの海外生産台数予測(2035年予測)・・( 57)
    4. 日本カーメーカーの地域別海外生産台数予測(2035年予測)・・・・( 58)

2)再編成・・・・・・・・・・( 59)

    1. トヨタ・・・・・・・・・・( 59)
    2. 日産・・・・・・・・・( 60)
    3. 三菱・・・・・・・・・( 61)
    4. マツダ・・・・・・・・・・( 62)
    5. ホンダ・・・・・・・・・・( 62)

(3)世界戦略車について・・・・・・( 63)

1)主要カーメーカーにおける主な世界戦略車・・・・・・( 63)
2)各カーメーカーにおける動向・・・・・・・( 64)
3)世界戦略車の2035年に向けての方向性・・・・・・( 70)

(4)各カーメーカーにおける2035年に向けての考え方・・・・( 71)

1)まとめ・・・・・・・・・・( 71)
2)各カーメーカーの取り組み状況・・・・・( 72)

8.技術革新・・・・・・・・・( 92)

(1)自動車を取り巻く2022~2035年までの技術革新・・( 92)

(2)カーエレクトロニクスの動向・・・・・・( 94)
1)全体市場規模推移・・・・・・( 94)
2)分野別市場規模推移・・・・・・・・・( 96)
3)技術動向・・・・・・・・( 97)

(3)ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車等の電動化車両の市場予測(2035年予測) ・・・・・(113)
1)電動化車両の生産台数推移(2035年予測) ・・・・・(113)
2)全生産台数に占める電動化車両の割合(2035年予測)・・(114)
3)全生産台数に占める各電動化車両の割合(2035年予測)・・・・・(115)
4)各部品メーカーにおける取り扱いハイブリッド車用部品一覧表・・・・・・(116)
5)ハイブリッド車のカーメーカー別生産台数(2018年、2019年、2020年) ・・・(118)
6)ハイブリッド車のカーメーカー別シェア(2018年、2019年、2020年) ・・(119)
7)HV、PHVの国内生産台数予測(2035年予測) ・・(120)
8)主要ハイブリッド車用部品における納入マトリックス・・(121)
9)ハイブリッド車用部品における技術動向・・・・・・・・(128)
10)各部品メーカーにおける取り扱いEV用部品一覧表・・(136)
11)電気自動車の国内生産台数予測(2035年予測) ・・(138)

12)EV、PHVのグローバル動向・・・・・・(139)

    1. EV、PHVのグローバル生産台数推移(2035年予測)・・・・・(139)
    2. EV、PHVの地域別グローバル生産台数推移(2035年予測)・・(140)
    3. EV、PHVのグローバル生産台数に占める比率(2035年予測)・・・(142)
    4. グローバルにおける内燃機関別生産台数比率(2035年予測)・・・・(143)
    5. 主要国内、海外カーメーカーにおけるEV戦略・・・・・(144)
    6. 主要国におけるEV導入計画、排出ガス規制の動向・・・・(173)
    7. 電動化ロードマップ・・・・・・・・・(177)

13)主要電気自動車用部品における納入マトリックス・・・・(184)
14)電気自動車用部品における技術動向・・・・・・・(188)

15)電気自動車用充電スタンドについて・・・・・・・(192)

    1. 商品概要・・・・・・・・(192)
    2. タイプ別主要参入メーカー・・・・・・(192)
    3. タイプ別市場規模(設置台数2035年予測) ・・・・・(192)
    4. 各メーカーにおける取り組み状況(取り扱いタイプ、機種、販売開始時期、価格、販売台数など) ・・・(193)

16)燃料電池車の動向・・・・・・・・・(200)

    1. 概要・・・・・・・・・(200)
    2. 参入メーカーの動向・・・・・・・・・(204)
    3. 市場規模推移(2035年予測) ・・・・・・(209)
    4. 燃料電池車用部品の技術動向・・・・・・・(210)
    5. インフラの動向・・・・・・・・・・(211)
    6. 燃料電池車の今後の見通し・・・・・・(216)

(4)自動運転システムの動向・・・・・・・・・・(217)
1)概要・・・・・・・・・(217)
2)主要カーメーカーの動向・・・・・・・・(218)
3)自動運転システムの市場規模推移(2035年予測) ・・(225)
4)2035年に向けての方向性・・・・・・・(226)

(5)車載カメラシステム・・・・・・(227)
1)概要・・・・・・・・・(227)
2)市場規模予測(2035年予測) ・・・・・・(228)
3)今後の車載カメラシステムの搭載の方向性・・・・・・(229)

9.材料・・・・・・・・(231)

(1)アルミ化の動向・・・・・・・(231)
1)自動車1台当たりのアルミニウム使用量推移(2035年予測)・・・・(231)
2)自動車におけるアルミニウムの使用部位・・・・・・・・(231)
3)各カーメーカーにおけるアルミニウムの採用状況・・・(231)
4)各部品におけるアルミニウムの採用状況・・・・・・・・(232)

(2)マグネシウム化の動向・・・・・・・・・(235)
1)自動車1台当たりのマグネシウム使用量推移(2035年予測)・・・・(235)
2)自動車におけるマグネシウムの使用部位・・・・・・・・(235)
3)各カーメーカーにおけるマグネシウムの採用状況・・・(235)

(3)樹脂化の動向・・・・・・・・・(236)
1)自動車におけるプラスチック材料の使用量推移(2035年予測)・・(236)
2)自動車における樹脂の使用部位・・・・・(236)
3)各カーメーカーにおける樹脂の採用状況・・・・・・・・(237)
4)各部品における樹脂の採用状況・・・・・(238)


    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com