뉴로모픽 컴퓨팅

출판:NTS(エヌ・ティー・エス)   출판년월:2022年03月

ニューロモルフィックコンピューティング
Learning in Energy-Efficient NeuromorphicComputing: Algorithm and Architecture Co-Design
에너지 효율적인 뉴로모픽 컴퓨팅 학습: 알고리즘 및 아키텍처 공동 설계

폐이지수 334
가격 30,000엔
구성 일본어조사보고서

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

AI技術の高度化に不可欠なニューロチップの基礎となる脳型(ニューロモルフィック)コンピューティングを詳説!!ハードウェアニューラルネットワークの構築に必要なアルゴリズムとハードウェアの協調設計と協調最適化の方法論をまとめた類を見ない1冊!!


AI 기술의 고도화에 필수적인 뉴로 칩의 기초가 되는 뇌형(뉴로모픽) 컴퓨팅을 상세설명!! 정리한 종류를 보지 않는 1권!!

■原著 『Learning in Energy-Efficient NeuromorphicComputing: Algorithm and Architecture Co-Design』Wiley-IEEE Press(2020)
■原著者  Nan Zheng 、 Pinaki Mazumder

監訳:

小林 亮太 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授)
新津 葵一 (名古屋大学大学院工学研究科 准教授)
翻訳:
大前 奈月 (Huazhong Agricultural University, Chinese Academy of Agricultural Sciences所属
(China Scholarship Council(CSC)フェロー))
■主な目次
1章 概 要
2章 人工ニューラルネットワークの基礎
3章 ハードウェアでの人工ニューラルネットワーク
4章 スパイキングニューラルネットワークの動作原理
5章 スパイキングニューラルネットワークのハードウェア実装
6章 結 論
付録


■ 주요 목차
1장 개요
2장 인공 신경망의 기초
3장 하드웨어의 인공 신경망
4장 스파이킹 신경망의 작동 원리
5장 스파이킹 신경망의 하드웨어 구현
6장 결 론
부록


목차

ニューロモルフィックコンピューティング

目 次
序 文
謝 辞
原著者・訳者紹介

第 1 章 概 要
1.1 ニューラルネットワークの歴史
1.2 ソフトウェアにおけるニューラルネットワーク
1.2.1 人工ニューラルネットワーク(ANN)
1.2.2 スパイキングニューラルネットワーク(SNN)
1.3 ニューロモルフィックハードウェアの必要性
1.4 本書の目的と概略
文 献

第 2 章 人工ニューラルネットワークの基礎
2.1 人工ニューラルネットワークの動作原理
2.1.1 推 論
2.1.2 学 習
2.2 ニューラルネットに基づく機械学習
2.2.1 教師あり学習
2.2.2 強化学習
2.2.3 教師なし学習
2.2.4 事例:行動依存の発見的な動的計画法
2.2.4.1 Actor?Criticネットワーク
2.2.4.2 オンライン学習アルゴリズム
2.2.4.3 仮想更新技術
2.3 ネットワークトポロジー
2.3.1 全結合ニューラルネットワーク
2.3.2 畳み込みニューラルネットワーク
2.3.3 再帰型ニューラルネットワーク
2.4 データセットとベンチマーク
2.5 深層学習
2.5.1 深層学習以前
2.5.2 深層学習の台頭
2.5.3 深層学習の技術
2.5.3.1 深層学習の性能向上のための技術
2.5.3.2 ハードウェアのエネルギー効率を改善させる技術
2.5.4 深層ニューラルネットワークの例
文 献

第 3 章 ハードウェアでの人工ニューラルネットワーク
3.1 概 要
3.2 汎用プロセッサ
3.3 デジタルアクセラレータ
3.3.1 デジタルASICアプローチ
3.3.1.1 データ移動とメモリアクセスの最適化
3.3.1.2 精度のスケーリング(scaling precision)
3.3.1.3 スパース性の利用
3.3.2 FPGAを基盤とするアクセラレータ
3.4 アナログ・ミックスドシグナルアクセラレータ(analog/mixed-signal accelerators)
3.4.1 従来の集積技術におけるニューラルネットワーク
3.4.1.1 イン/ニアメモリコンピューティング
3.4.1.2 ニアセンサーコンピューティング
3.4.2 新興の非揮発性メモリに基づくニューラルネットワーク
3.4.2.1 大規模並列エンジンとしてのクロスバー
3.4.2.2 クロスバーでの学習
3.4.3 オプティカルアクセラレータ
3.5 事例研究:適応型動的計画法(ADP)のためのエネルギー効率の高いアクセラレータ
3.5.1 ハードウェアアーキテクチャ
3.5.1.1 オンチップメモリ
3.5.1.2 データパス
3.5.1.3 コントローラー
3.5.2 設計の例
文 献

第 4 章 スパイキングニューラルネットワークの動作原理
4.1 スパイキングニューラルネットワーク
4.1.1 スパイキングニューロンモデル
4.1.1.1 Hodgkin?Huxleyモデル
4.1.1.2 Leaky Integrate?and?Fireモデル
4.1.1.3 Izhikevichモデル
4.1.2 情報の符号化
4.1.3 スパイキングニューロンと人工ニューロン
4.2 浅い層を持つSNNにおける学習
4.2.1 ReSuMe
4.2.2 テンポトロン(Tempotron)
4.2.3 スパイクタイミング依存可塑性(Spike?Timing?Dependent Plasticity)
4.2.4 重み依存性STDPを用いた2層ニューラルネットワークの学習
4.2.4.1 動 機
4.2.4.2 スパイク時刻を使った勾配の推定
4.2.4.3 強化学習の例
4.3 深層SNNでの学習
4.3.1 SpikeProp
4.3.2 浅いネットワークを積み重ねる
4.3.3 ANNからSNNへの変換
4.3.4 深層SNNにおける誤差逆伝播の最近の進展
4.3.5 多層SNNにおける重み依存性STDP変調による学習
4.3.5.1 動 機
4.3.5.2 重み依存性STDP変調による学習
4.3.5.3 シミュレーション結果
文 献

第4章 付録:Multi-timescale adaptive threshold モデル(MATモデル)
4.付.1 Leaky Integrate and Fire モデル
4.付.2 MATモデル
4.付.3スパイキングニューロンモデルの比較
文 献

第 5 章 スパイキングニューラルネットワークのハードウェア実装
5.1 特殊化したハードウェアの必要性
5.1.1 Address-Event Representation(AER)
5.1.2 イベント駆動型計算(event-driven computation)
5.1.3 プログレッシブ精度による推論
5.1.4 重み依存性STDP学習則を実装するためのハードウェアの考慮事項
5.1.4.1 集中型メモリアーキテクチャ
5.1.4.2 分散メモリアーキテクチャ
5.2 デジタルSNN(digital SNN)
5.2.1 大規模SNN ASIC
5.2.1.1 SpiNNaker
5.2.1.2 TrueNorth
5.2.1.3 Loihi
5.2.2 小・中規模デジタルSNN(small/moderate-scale digital SNNs)
5.2.2.1 ボトムアップアプローチ
5.2.2.2 トップダウンアプローチ
5.2.3 SNNにおけるハードウェアに親和性のある強化学習
5.2.4 多層SNNにおけるハードウェアに親和性のある教師付き学習
5.2.4.1 ハードウェアアーキテクチャ
5.2.4.2 CMOS実装結果
5.3 アナログ/ミックスドシグナルSNN(analog/mixed?signal SNN)
5.3.1 基本的な構成要素
5.3.2 大規模アナログ/ミックスドシグナルCMOS SNN(analog/mixed?signal CMOS SNN)
5.3.2.1 CAVIAR
5.3.2.2 BrainScaleS
5.3.2.3 Neurogrid
5.3.3 他のアナログ/ミックスドシグナルCMOS SNN ASIC(analog/mixed?signal CMOS SNN ASIC)
5.3.4 新興のナノテクノロジーに基づくSNN
5.3.4.1 エネルギー効率の高い解決策
5.3.4.2 シナプス可塑性
5.3.5 事例研究:SNNにおけるクロスバーを基盤とした学習(memristor crossbar based learning in SNNs)
5.3.5.1 研究背景
5.3.5.2 アルゴリズムの改変
5.3.5.3 非理想性(non-idealities)
5.3.5.4 ベンチマーク
文 献

第 6 章 結 論
6.1 展 望
6.1.1 脳型コンピュータ(Brain-Inspired Computing)
6.1.2 新しいナノテクノロジー
6.1.3 ニューロモルフィックシステムによる高信頼なコンピューティング
6.1.4 ANNとSNNの融合
6.2 結 論
文 献

付 録
付.1 ホップフィールドネットワーク
付.2 ホップフィールドネットワークによるメモリの自己修復
文 献


    주문/문의폼

    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.
    • 무료샘플은 구입 검토용으로만 의뢰해 주시길 부탁드립니다. 

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com