조류(수중생물)에 의한 탄산 가스의 흡수・이용

출판: ネオテクノロジー(NeoTechnology)  출판년월:2022년05월

藻類による炭酸ガスの吸収・利用 ~ダイナミックマップシリーズ~

조류(수중생물)에 의한 탄산 가스의 흡수·이용 ~다이나믹 맵 시리즈~
카본 뉴트럴의 실현으로 이어지는 기술의 하나, 이산화탄소의 회수·저장 기술 중, 조류를 활용한 기술에 주목해, 관련 특허 정보 을 제공.

페이지수 NA
가격 180,000엔
구성 일본어조사보고서(온라인 액세스)

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

ネオテクノロジー「藻類による炭酸ガスの吸収・利用 ~ダイナミックマップシリーズ」はカーボンニュートラルの実現につながる技術の一つ、二酸化炭素の回収・貯蔵技術のうち、藻類を活用した技術に注目し、関連特許情報を提供します。

当レポートはネオテクノロジーのダイナミックマップシリーズに属するレポートです。ダイナミックマップはオンライン上で関連特許情報を提供し、検索・閲覧可能も可能なオンラインデータベースです。詳細はこちらをご参照ください。


NeoTechnology 「조류에 의한 탄산 가스의 흡수·이용 ~다이나믹 맵 시리즈」는 카본 뉴트럴의 실현으로 이어지는 기술의 하나, 이산화탄소의 회수·저장 기술 중, 조류를 활용한 기술에 주목해, 관련 특허 정보 을 제공합니다.

이 보고서는 신기술의 다이나믹 맵 시리즈에 속하는 보고서입니다. 다이나믹 맵은 온라인상에서 관련 특허정보를 제공하고, 검색·열람 가능도 가능한 온라인 데이터베이스입니다. 자세한 내용은 여기 를 참조하십시오.

 

当レポートについて

本書は、排ガス中の二酸化炭素を回収・貯蔵・再利用することにより、排出量と固定量をバランスさせるカーボンニュートラルの考えをもとに、二酸化炭素の再利用・固定する方法の一つとして藻類の培養を利用する技術に関する出願を取り上げます。排ガス等の二酸化炭素を回収・分離・精製・培養装置へ供給する技術などと同時に藻類の培養に関する培養装置・培養方法、培養後に藻類を分離する方法・藻類からの特定機能物質を抽出する技術等藻類の利用方法に関する技術などを取り上げます。


이 책은 배기 가스 중의 이산화탄소를 회수, 저장, 재사용함으로써 배출량과 고정량을 밸런스시키는 카본 뉴트럴의 생각에 기초하여 이산화탄소의 재이용 및 고정하는 방법의 하나로서 조류 의 배양을 이용하는 기술에 관한 출원을 다룹니다. 배기 가스 등의 이산화탄소를 회수·분리·정제·배양 장치에 공급하는 기술 등과 동시에 조류의 배양에 관한 배양 장치·배양 방법, 배양 후에 조류를 분리하는 방법·조류로부터의 특정 기능 물질을 추출하는 기술 등 조류의 이용 방법에 관한 기술 등을 다룹니다.

 


目次/技術分類

◇システム・培養装置 – 시스템·배양 장치

藻類の培養に関する装置およびシステムに特徴がある特許情報を取り上げます。二酸化炭素の利用が明記されている特許情報に限ります。

◇藻類の培養方法 – 조류 배양 방법

藻類の培養方法に特徴があり、二酸化炭素の利用が明記されている特許情報を取り上げます。

◇二酸化炭素の利用方法 – 이산화탄소의 이용방법

藻類の培養に使用する二酸化炭素を回収・分離・精製・供給する技術に特徴がある特許情報を取り上げます。

◇有用物質の生産 – 유용한 물질의 생산

藻類から特定機能成分など有用成分を取り出す技術に特徴があり、二酸化炭素の利用が明記されている特許情報を取り上げます。

◇新規藻類 – 신규 조류

新規藻類に特徴がある特許情報を取り上げます。※遺伝子組み換え、遺伝子改変、2倍体、4倍体、特定遺伝子の過剰発現等体などを取り上げるものとします。

◇その他 – 기타

上記の分類に当てはまらない技術に特徴がある特許情報を取り上げます。


[프레스 릴리스]
特許情報から見た【藻類による炭酸ガスの吸収・利用】

「2050年カーボンニュートラル」に向けて、様々な企業が、温暖化ガス低減と経済的成長を両立させる「グリーン成長」のビジネスチャンスを狙っています。その具体的な技術や企業の取り組みは、特許情報に現れます。ネオテクノロジーは、カーボンニュートラルの主要課題である二酸化炭素の吸収・利用・貯留に着目し、各種特許レポートを発刊しています。最新刊【藻類による炭酸ガスの吸収・利用】が発刊になりました。

「2050년 탄소 중립」을 향해 다양한 기업들이 온난화 가스 저감과 경제적 성장을 양립시키는 「그린 성장」의 비즈니스 기회를 노리고 있습니다. 그 구체적인 기술이나 기업의 대처는 특허 정보에 나타납니다. 네오테크놀로지는 카본 뉴트럴의 주요 과제인 이산화탄소의 흡수·이용·저류에 주목하여 각종 특허 리포트를 발간하고 있습니다. 최신 간【조류에 의한 탄산 가스의 흡수·이용】이 발간이 되었습니다.

「藻類 & 炭酸ガス」の特許出願は少ない

藻類を培養するためには、藻類が光合成するための二酸化炭素と光が必要です。ここでは、排ガス中の二酸化炭素を回収・貯蔵・再利用することにより、排出量と固定量をバランスさせるカーボンニュートラルの考えのもとに、二酸化炭素の再利用・固定する方法の一つとして藻類の培養を利用する特許情報を取り上げることとし、藻類を培養するための装置は対象外としました。特許検索を行ってみると、藻類に関する特許情報、炭酸ガス(特許上では炭酸ガスと記載する場合もあるため)に関する特許情報はそれぞれ件数があるのですが、「藻類 & 炭酸ガス」の特許出願はかなり少ないことが分かりました。

具体的には、発行日遡及10年間の公開特許情報622件を母集団とし、さらに、技術者の目で【藻類による炭酸ガスの吸収・利用】に該当する特許情報を抽出した件数は201件でした。

海外からの出願が3割、日本国内はさまざまな業種が関わる

抽出した国内公開特許情報201件の出願人を集計したのが下のグラフです。まず、全体の約3割が海外の企業や大学による出願であることが特徴です。カーボンニュートラルに向けて世界中で活発な研究が行われていることが伺えます。一方で、日本国内の出願人は、特定企業が突出していることはなく、さまざまな業種から出願されていることも特徴です。

 
日本国内の業種別の出願人は下記の通りです。化学、エネルギー、バイオ、プラント、食品、建設、ガラス・土石製品、輸送用機器などからの出願があります。

※業種区分は、証券コードを参考とし、ネオテクノロジーにて一部追加しました。

化学

パナック、旭化成、花王、カネカ、有沢製作所、昭和電工、大陽日酸、東京応化工業、日東紡績、日本精化、日本曹達、富士フイルム

エネルギー

JX日鉱日石エネルギー、電力中央研究所、住友共同電力、電源開発、東京電力ホールディングス、東京電力

バイオ

セラバリューズ、フラウス、ユーグレナ、筑波バイオテック研究所

プラント

IHI、IHIプラントエンジニアリング、神鋼環境ソリューション、日立プラントテクノロジー

食品

雪国まいたけ、大新、日鰻

建設

フジタ、ユタカ建設、熊谷組、清水建設、大和ハウス工業、中田建設

ガラス・土石製品

住友大阪セメント、太平洋セメント、日本板硝子

輸送用機器

デンソー、トヨタ車体研究所、本田技研工業

大学・研究機関

創価大学、中央大学、幾徳学園、四国大学、東京薬科大学、大阪市立大学、群馬大学、山口大学、神戸大学、東京工業大学、東京農工大学、東北大学、北海道大学、科学技術振興機構、産業技術総合研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、理化学研究所

海外企業

<出願人多数のため省略>

遺伝子組み換え体等の新規藻類から、微生物の応用へ

【藻類による炭酸ガスの吸収・利用】で用いられる藻類は微細藻類が多く、遺伝子組み換え体等の新規藻類も見られました。今後はCO₂を炭素源として生育する微生物の応用も考えられます。藻類と異なり、微生物は光を必要としない微生物も存在するそうです。新しいバイオプロセスによるCCU(Carbon Capture and Utilization)技術によって、二酸化炭素CO₂排出量削減、低炭素および炭素循環型社会の実現に近づいていくでしょう。


    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com