차량용 리튬 이온 전지 마켓 트렌드 – 2022판

출판 : 沖為工作室(Chong Wei Gong Zuo Shi)   출판년월 : 2022년5월

車載リチウムイオン電池マーケットトレンド-2022版

차량용 배터리 중 리튬 이온 전지 시장을 조사·분석. 시장 규모 분석은 EV 시장, 차량용 배터리 시장, 차량용 배터리 및 재사용 시장을 대상으로. 또한 주요 7개국의 국가별 분석 결과도 제공

페이지수 66
가격 150,000円
구성 일본어조사보고서

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

沖為工作室「車載リチウムイオン電池マーケットトレンド-2022版」は車載バッテリーのうち、リチウムイオン電池市場を調査・分析しています。市場規模分析はEV市場、車載バッテリー市場、車載バッテリー・リユース市場を対象に行っています。また主要7ヶ国の国別分析結果も提供しています。

本レポートの形態はPDF+Excelです。ExcelにはPDFの国別(一部エリア)市場規模データをさらにブレイクダウンしたデータが含まれています。​


沖為工作室(Chong Wei Gong Zuo Shi)의 「차량용 리튬 이온 전지 마켓 트렌드-2022판」은 차재 배터리 중 리튬 이온 전지 시장을 조사·분석하고 있습니다. 시장 규모 분석은 EV 시장, 차량용 배터리 시장, 차량용 배터리 및 재사용 시장을 대상으로 하고 있습니다. 또한 주요 7개국의 국가별 분석 결과도 제공하고 있습니다.

이 보고서의 형태는 PDF + Excel입니다. Excel에는 PDF의 국가별(일부 지역) 시장 규모 데이터를 추가로 중단한 데이터가 포함되어 있습니다.​

 

概要

急変する自動車産業を取り巻く環境

先進運転支援システムや自動運転に関わる分野の技術進歩は目覚ましく、センサーを駆使したシステム構築がトレンドになっています。自動車技術は従来、「走ること」に重きが置かれていましたが、「車の中で過ごす空間を最適化する」ことも昨今、フォーカスされるようになっており、AIやソフトウェア技術の進化とともに、ドライバー・モニタリング・システムや乗員監視システム、HVACシステム、HMIシステム等が導入され、車載インテリアのスマート化を牽引しています。また自動車の電動化が進むにつれ、電気自動車におけるエネルギーマネジメントの重要性も増しており、バッテリーのモニタリング技術の開発も加速しています。

自動車OEMメーカーらはSoftware-Defined Vehiclesに向けた方針を打ち出しており、車両開発は従来型の機械工学からプログラム工学をベースにしたソフトウェア技術へ移行しようとしています。車両は、製品ライフサイクル全体を通じて、ソフトウェアのアップデートによって継続的に改善されるようになります。こうした車両開発の在り方におけるパラダイムシフトによって、産業構造も変わろうとしています。


급변하는 자동차 산업을 둘러싼 환경

선진 운전 지원 시스템이나 자동 운전에 관련된 분야의 기술 진보는 눈부시고 센서를 구사한 시스템 구축이 트렌드가 되고 있습니다. 자동차 기술은 종래, 「달리는 것」에 중점을 두고 있었습니다만, 「차 안에서 보내는 공간을 최적화하는」 것도 요즘, 포커스 되게 되어 있어 AI나 소프트웨어 기술의 진화 이와 함께 드라이버 모니터링 시스템과 탑승자 감시 시스템, HVAC 시스템, HMI 시스템 등이 도입되어 차량 탑재 인테리어의 스마트화를 견인하고 있습니다. 또한 자동차의 전동화가 진행됨에 따라 전기 자동차에 있어서의 에너지 매니지먼트의 중요성도 증가하고 있어 배터리의 모니터링 기술의 개발도 가속화되고 있습니다.

자동차 OEM 메이커들은 Software-Defined Vehicles를 향한 방침을 내세우고 있어 차량 개발은 종래의 기계공학에서 프로그램 공학을 기반으로 한 소프트웨어 기술로 이행하려고 하고 있습니다. 차량은 제품 수명주기 전반에 걸쳐 소프트웨어 업데이트로 지속적으로 개선됩니다. 이러한 차량 개발의 본연의 패러다임 시프트에 의해, 산업 구조도 바뀌려 하고 있습니다.

 

カーボンニュートラル  탄소 중립

現在EV市場を取り巻く環境は、グローバルレベルでは欧州グリーンディール、中国NEV規制、米国ZEV規制とが進行しており、特に中国の新エネルギー車(NEV)市場は補助金政策の結果として大きく活気付いており、世界のEV市場を牽引しています。また欧州委員会も新電池規則の策定により、電動化とライフサイクルマネジメントを結び付け、サーキュラーエコノミーを欧州成長戦略のコア要素として位置付けています。

車載バッテリー  차량용 배터리

車載バッテリーを巡る考え方も地域・エリアにおける市場の在り方によって変わってきます。欧州メーカーは三元系をメインに全固体電池へのパスを描く傾向にあります。特にLFPは低温に弱く、エネルギー密度も相対的に低いため実用性に乏しいと判断される傾向にあります。一方で中国メーカーは三元系の優位性を認めながらもコストや安全性の面でメリットのあるLFP系の改良も進めています。また固体電池も固体電解質と液体電解質の両方を持つハイブリッド固体電池が当面のトレンドとなることが予測されます。負極材は従来グラファイト系が主とされてきましたが、Si系負極材の実用化が進んでいます。シリコン負極は、グラファイトに比べて多くの電荷を蓄えることができ、容量密度の大幅な向上が期待される材料として認知されています。

市場規模予測  시장규모 예측

混迷を極める世界情勢であっても産業の発展は留まるどころかさらに加速しようとしています。欧州委員会は新車のCO2排出量を2035年までに100%削減という新しい目標を2021年7月に設定しました。グローバル規模でEVバッテリーの需要は急速に高まっており、バッテリーメーカーも生産能力拡大を目的とした投資プロジェクトを積極的に展開しています。

本レポートでは市場トレンドから関連企業の取り組みアップデートをはじめ、各地域におけるバッテリーに対するアプローチの違いや、中国、欧州、米国、日本、韓国、インド市場の動向、バッテリー技術トレンド、充電ステーション、リサイクル・リユースの取り組み状況等、幅広い視点から市場調査・分析が行われています。


혼미를 극복하는 세계 정세라도 산업의 발전은 머무르는 커녕 한층 더 가속하려고 합니다. 유럽위원회는 신차의 CO2 배출량을 2035년까지 100% 삭감하는 새로운 목표를 2021년 7월로 설정했습니다. 글로벌 규모의 EV 배터리 수요는 급속히 높아지고 있으며, 배터리 제조사도 생산 능력 확대를 목적으로 한 투자 프로젝트를 적극적으로 전개하고 있습니다.

이 보고서에서는 시장 트렌드에서 관련 기업의 노력 업데이트를 비롯하여 각 지역의 배터리에 대한 접근의 차이와 중국, 유럽, 미국, 일본, 한국, 인도 시장의 동향, 배터리 기술 트렌드, 충전 스테이션, 재활용 재사용 대처 상황 등, 폭넓은 시점에서 시장 조사·분석을 실시하고 있습니다.


목차

1.世界のEV市場動向   세계 EV 시장 동향

  1. EV規制動向
  2. EV乗用車市場
  3. 電動トラック・バス市場
  4. 電動オフ・ハイウェイ市場
  5. 中国市場
  6. 欧州市場
  7. 米国市場
  8. 日本市場
  9. 韓国市場

2.世界の車載バッテリー市場トレンド   세계 차량용 배터리 시장 트렌드

  1. 車載バッテリー技術
    • 三元系
    • LFP系
    • その他 (コバルトフリー、LMFP、四元系等)
  2. バッテリーパック
    • 角型、円筒型、ラミネート型
    • CTP
    • CTC
  3. BMS
  4. 充電ステーション
  5. Battery as a Service
  6. 固体電池(半固体、全固体)
  7. 充電ステーション
  8. Battery as a Service
  9. 検査装置

3.EVおよび車載バッテリーメーカー取り組みアップデート   EV 및 차량용 배터리 메이커 활동 업데이트

  1. EVメーカー
    • Tesla
    • Volkswagen
    • BMW
    • Daimler
    • General Motors
    • Toyota
    • Volvo
    • NIO
    • BYD
    • Xpeng
    • 上汽通用五菱
    • Man
    • Goldhofer
    • 宇通客車
  2. バッテリーメーカー
    • CATL
    • LG
    • Panasonic
    • Samsung
    • Customcells
    • Northvolt
    • SVOLT
    • ACC
    • AESC
    • Gotion

4.車載バッテリー部材市場トレンド   차량용 배터리 부재 시장 추세

  1. 正極材
  2. 負極材
  3. 電解液
  4. セパレーター

5.車載バッテリーリサイクル、リユース動向   차량용 배터리 재활용, 재사용 동향

  1. 米国における電動化計画とリサイクル
  2. 欧州新電池規則
  3. 中国における関連法規制
  4. 各社の取り組み
  5. リサイクル、リユーススキーム分析
  6. ボトルネック分析

6.市場規模分析   시장 규모 분석

  1. EV市場
  2. 車載バッテリー市場
  3. 車載バッテリーリサイクル、リユース市場

7.国別分析   국가별 분석

  • 中国
  • ノルウェー
  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • アメリカ
  • 日本
  • 韓国
  • インド
  • その他

8.まとめ


    주문/문의폼

    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.
    • 무료샘플은 구입 검토용으로만 의뢰해 주시길 부탁드립니다. 

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com