나사체결 설계의 대략적체계

出版:(株)NTS(エヌ・ティー・エス)

・ねじ締結体設計大系 ~ 事故から学ぶ壊れない製品設計の要諦 ~ 사고에서 배우는 깨지지 않는 제품 설계의 요체

나사체결 설계의 대략적체계 한개의 볼트 문제가 심각한 사고를 유발하고있는 많은 사고는 내력계수, 등가강성(等価剛性) 미끄럼 거동(挙動) 등 기초적인 역학적 분석 기술의 부족함에 의한 사고이다. 나사체결 설계의 대략적체계

구성 일본어조사보고서
출판사 NTS(エヌ・ティー・エス)
출판년도 2021년3월
폐이지수 368
가격 50,000엔

목차보기    주문・문의로 이동    납기・가격안내

Sample Request

1本のボルトトラブルが重大事故を誘発する!!
1 개의 볼트 문제가 심각한 사고를 유발한다! !
・多くの事故は、内力係数、等価剛性、すべり挙動などの
基礎的な力学的解析技術の欠如から!
많은 사고는 내력계수, 등가강성 미끄럼거동 등
기초적인 역학적 분석 기술의 부족으로!

・事故を未然に防ぐ全ての機械設計者を始め、関連する
生産技術・保全技術、品質保証部門等の方々必須の大全!
사고를 미연에 방지 모든 기계 설계자를 비롯해 관련
생산 기술 · 보전 기술, 품질 보증 부문 등의 분들 필수 대전!


목차

■著者
服部敏雄  岐阜大学名誉教授
成瀬友博  (株)日立インダストリアルプロダクツ 主管技師

■主な目次

序文

第1章  事故から学ぶねじ締結体の力学問題
(사고에서 배우는 나사 체결 체의 역학 문제)

第2章  ねじ締結体の力学解析,初期締付け技術および設計技術の基本
(나사 체결 체의 역학 분석 초기 체결 기술 및 설계 기술의 기본)

第3章  軸方向負荷,曲げ負荷下の力学解析と強度設計
(축 방향 하중 굽힘 하중 하의 역학 해석 및 강도 설계)

第4章  軸直角方向負荷下の力学解析,ゆるみ解析と強度設計
(축 직각 방향으로 부하의 역학 분석 풀림 분석 및 강도 설계)

第5章  軸回り方向負荷下の力学解析,ゆるみ解析と強度設計
(축 방향 하중 아래의 역학 분석 풀림 분석 및 강도 설계)

第6章  回転ゆるみと非回転ゆるみおよびゆるみ防止技術
(회전 이완과 비 회전 이완 및 풀림 방지 기술)

第7章  遅れ破壊の機構と対策
(지연 파괴 메커니즘과 대책)

第8章  フレッティング疲労とその対策
(프레 팅 피로과 그 대책)

第9章  被締結体の力学解析と強度設計
(피 체결 체의 역학 해석 및 강도 설계)

第10章 締結関連新技術
(체결 관련 신기술)

第11章 ねじ締結関連国際諸規格の概要
(나사 체결 관련 국제 제반 규격의 개요)

序文
1章 事故から学ぶねじ締結体の力学問題
1. 新幹線モータ取付ボルトのゆるみ事故
2. 日航ジャンボ旅客機隔壁の破損事故
3. ジェットコースター車軸ボルト疲労(Ⅰ)
4. ジェットコースター車軸ボルト疲労(Ⅱ)
5. 超電導リニアモータカー地上コイルねじ締結(開発)
6. KLMオランダ航空機パネル落下事故
7. トレーラハブ,ゆりかもめハブの疲労
8. ジェットコースター締結ボルトフレッティング疲労破損
9. タイタニック号脆性破壊事故
10. 風車高張力ボルトの遅れ破壊
11. 笹子トンネル天井板崩落事故

2章 ねじ締結体の力学解析,初期締付け技術および設計技術の基本
1. はじめに
2. ねじ締結体の力学解析と設計手順
3. ボルト寸法,材質の仮定と初期締付け力の設定
4. ねじ締結体の強度設計の基礎

3章 軸方向負荷,曲げ負荷下の力学解析と強度設計
1. はじめに
2. 軸方向負荷下の等価剛性と内力係数
3. 曲げ負荷下の等価剛性と内力係数
4. 偏心締付け、偏心外力負荷下の等価剛性と内力係数
5. ボルト締結部の有限要素法モデル化手法
6. 動的応答解析への適用とボルト締結体モデル化手法の妥当性検証
7. ボルト締結部の強度設計への適用

4章 軸直角方向負荷下の力学解析,ゆるみ解析と強度設計
1. はじめに
2. 軸直角方向負荷下の固着(線形)領域での変形挙動
3. 軸直角方向負荷下のすべり挙動
4. 軸直角方向負荷下のすべり挙動と回転ゆるみ機構
5. 限界相対すべり量Scr
6. ボルトに作用するモーメント
7. ボルト頭およびナット座面の曲げコンプライアンスkwhおよびkwn
8. 実験による検証
9. ゆるみと疲労を考慮した最適設計
10. 伸びボルトによる限界すべり量Scrの増大,ゆるみ速度低減
11. まとめ

5章 軸回り方向負荷下の力学解析,ゆるみ解析と強度設計
1. はじめに
2. 軸回り方向負荷下の変形・すべり挙動
3. 軸回り方向負荷下のゆるみと疲労を考慮した設計

6章 回転ゆるみと非回転ゆるみおよびゆるみ防止技術
1. ゆるみの分類と特徴
2. 非回転ゆるみ
3. 回転ゆるみ

7章 遅れ破壊の機構と対策
1. 遅れ破壊の機構
2. 遅れ破壊強さと材質
3. 遅れ破壊試験
4. 遅れ破壊対策

8章 フレッティング疲労とその対策
1. はじめに
2. フレッティング疲労の力学条件
3. ボルト締結体のフレッティング疲労
4. ボルトのフレッティング疲労
5. フレッティング疲労の検査管理

9章 被締結体の力学解析と強度設計
1. はじめに
2. 座面面圧とへたり
3. ねじ穴周りの力学解析
4. 被締結体接触端部のフレッティング疲労

10章 締結関連新技術
1. 塑性域締め付け
2. ねじ締結・接着併用継手
3. ロックワッシャーゆるみ止め
4. 植込み・ねじ込みボルト締結体の疲労強度

11章 ねじ締結関連国際諸規格の概要
1. JIS規格と国際規格の概要
2. ねじに関する主なJIS規格
3. VDI2230諸版の歴史と変遷


お問合せフォーム

    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com