생물의 수명 연장

출판:NTS(エヌ・ティー・エス) 출판년월:2022年03月

生物の寿命延長~老化・長寿命の基盤研究最前線~노화・장수명의 기초 연구 최전선~
장수명에 관여하는 텔로미어의 제어, 장수 유전자, 니코틴 아미드 · 모노 뉴클레오타이드 연구

폐이지수 460
가격 54,000엔
구성 일본어조사보고서

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

  • 持って生まれた遺伝子や細胞の限界を超え、禁断の「不老不死」に迫ることはできるか!?
  • 長寿命に関与するテロメアの制御や長寿遺伝子、ニコチンアミド・モノヌクレオチド研究の成果!
  • 組織から見た寿命延長作用や、モデル生物による調査、国内外の研究動向も一挙掲載!

  • 가지고 태어난 유전자나 세포의 한계를 넘어, 금단의 「불로 불사」에 육박할 수 있을까! ?
  • 장수명에 관여하는 텔로미어의 제어, 장수 유전자, 니코틴 아미드 · 모노 뉴클레오타이드 연구의 성과!
  • 조직에서 본 수명 연장 작용, 모델 생물에 의한 조사, 국내외의 연구 동향도 일거 게재!

監修:南野 徹

序章 「生物の寿命延長」研究の軌跡
第1章 老化のメカニズム
第2章 酸化ストレスと老化
第3章 テロメアと寿命延長
第4章 遺伝子/分子からみた老化と長寿命
第5章 長寿遺伝子サーチュインの機能
第6章 栄養/代謝制御による寿命延長効果
第7章 オートファジーと老化
第8章 老化細胞の除去・制御による寿命延長
第9章 ニコチンアミド・モノヌクレオチドと寿命延長
第10章 組織からみた寿命延長研究
第11章 ショウジョウバエから見えてきた細胞老化と個体老化のメカニズム
第12章 国内外の寿命延長研究の動向


제1장 노화의 메커니즘
제2장 산화 스트레스와 노화
제3장 텔로미어와 수명 연장
제4장 유전자/분자에서 본 노화와 장수명
제5장 장수 유전자 서투인의 기능
제6장 영양/대사 제어에 의한 수명 연장 효과
제7장 오토퍼지와 노화
제8장 노화 세포의 제거·제어에 의한 수명 연장
제9장 니코틴아미드 모노뉴클레오티드와 수명 연장
제10장 조직에서 본 수명 연장 연구
제 11 장 Drosophila에서 보인 세포 노화와 개인 노화의 메커니즘
제12장 국내외 수명연장 연구 동향


목차

生物の寿命延長 ~老化・長寿命の基盤研究最前線~

序章 「生物の寿命延長」研究の軌跡 《南野 徹》

第1章 老化のメカニズム
第1節 個体老化プログラムとその制御 《笹子 敬洋,植木 浩二郎》
1.はじめに
2.老化を規定するシグナル経路
3.インスリン/ IGF-1 の構造と作用
4.インスリン/ IGF-1 のシグナル伝達機構
5.インスリン/ IGF-1 シグナルと下等生物の寿命
6.インスリン/ IGF-1 シグナルと哺乳動物の寿命
7.肥満・インスリン抵抗性における寿命
8.まとめ
第2節 個体における老化細胞の多様性と役割 《荒谷 紗絵,中西 真》
1.はじめに
2.老化細胞の特徴
3.老化細胞の誘導機構
4.個体内の老化細胞の局在
5.なぜ老化細胞が蓄積するのか?
6.老化細胞とヒトの疾患との関連
7.がんにおける細胞老化の役割
8.細胞老化と組織修復・再生
9.おわりに
第3節 遺伝的要因や環境要因による老化速度制御機構 《宇野 雅晴,西田 栄介》
1.はじめに
2.老化の特徴
3.遺伝的要因
4.環境要因
5.今後の展開

第2章 酸化ストレスと老化
第1節 酸化ストレス抑制による寿命延長の分子メカニズム 《今岡 進》
1.はじめに
2.低酸素状態と酸化ストレス
3.ヒトにおいてWDR23 は存在し,Nrf2 の発現を制御するのか
4.BPA はなぜ,線虫の寿命を短くするのか
5.CGA はなぜ線虫の寿命を延ばすのか
6.酸化ストレスはなぜ寿命を短くするのか
7.抗酸化物質と抗酸化因子
8.おわりに
第2節 酸化ストレス応答システムKEAP1-NRF2 系と寿命 《宇留野 晃,山本 雅之》
1.はじめに
2.加齢・寿命とKEAP1-NRF2 制御系
3.宇宙での加齢とNRF2
4.KEAP1-NRF2 酸化ストレス応答システム
5.アルツハイマー病とKEAP1-NRF2 制御系
6.糖尿病とKEAP1-NRF2 制御系
7.NRF2 による視床下部の保護作用
8.まとめ
第3節 老化の基盤となるミトコンドリアの機能と品質管理 宮川 拓也,田之倉 優》
1.はじめに
2.ミトコンドリアのエネルギー産生と活性酸素種の制御
3.ミトコンドリアDNA と加齢による変異の蓄積
4.ミトコンドリアの品質管理システム
5.おわりに

第3章 テロメアと寿命延長
第1節 テロメア総論 《須田 将吉,南野 徹》
1.はじめに
2.テロメアの発見と細胞老化
3.テロメアによる細胞老化シグナル
4.テロメア長と加齢関連疾患
5.おわりに
第2節 プロテオスタシスと非増殖細胞の老化 《石川 正真,石川 冬木》
1.老化の理解
2.老化のプロテオスタシス崩壊仮説
3.プロテオスタシス崩壊は老化の原因か
4.アルツハイマー病
5.神経細胞の細胞老化
6.非増殖性細胞の細胞老化は有害か有益か
7.細胞老化は全ての生物種に保存されているか
8.老化の予測は可能か
第3節 テロメア・テロメラーゼと寿命延長 《山本 佑樹,高橋 陵宇,田原 栄俊》
1.はじめに
2.テロメアG テール
3.テロメラーゼ
4.テロメラーゼ触媒遺伝子
5.テロメラーゼ遺伝子と細胞の寿命延長
6.テロメラーゼ遺伝子と非コードRNA

第4章 遺伝子/分子からみた老化と長寿命
第1節 加齢による組織恒常性の破綻と老化制御遺伝子 《赤木 一考》
1.はじめに
2.食餌制限
3.概日リズム
4.組織恒常性
5.腸管バリア機能
6.おわりに
第2節 百寿者・スーパーセンチナリアン研究の現状と展望 《佐々木 貴史,新井 康通》
1.はじめに
2.スーパーセンチナリアンの人口統計
3.スーパーセンチナリアンの表現型
4.長寿遺伝子
5.長寿のバイオマーカー
6.腸内細菌叢と健康長寿
7.おわりに
第3節 早老症にみる細胞,個体の老化と寿命の延長
《前澤 善朗,越坂 理也,加藤 尚也,横手 幸太郎》
1.はじめに
2.Hutchinson-Gilford progeria syndrome(HGPS)
3.Werner syndrome(ウェルナー症候群,WS)
4.WS の基礎研究の現状
5.おわりに

第5章 長寿遺伝子サーチュインの機能
第1節 心臓におけるサーチュイン遺伝子の役割:Sirt1 とSirt3 について
《山本 恒久,新村 健》
1.概 要
2.心臓のサーチュインファミリーについて
3.サーチュインとカロリー制限
4.サーチュインと虚血性心疾患
5.サーチュインと肥満・糖尿病に伴う心筋症
6.おわりに
第2節 リボソームRNA 遺伝子と細胞老化 《堀 優太郎,小林 武彦》
1.はじめに
2.酵母リボソームRNA 遺伝子と老化
3.ヒトリボソームRNA 遺伝子と老化
4.まとめ
第3節 サーチュイン遺伝子の活性化に働く新規機能分子の探索 《坂本 和一,菅原 賢也》
1.さまざまな生物におけるサーチュイン遺伝子
2.サーチュイン遺伝子の活性化に働く新規機能分子

第6章 栄養/代謝制御による寿命延長効果
第1節 食事制限による寿命延長作用の分子メカニズム:
遺伝子改変による長寿命マウスとの類似性から見た栄養センシング経路の重要性
《谷津 智史,近藤 嘉高,千葉 卓哉》
1.はじめに
2.カロリー制限
3.カロリー制限による抗老化作用の分子メカニズム
4.カロリー制限模倣薬
5.おわりに
第2節 代謝と寿命制御 《岩部 美紀,岩部 真人,山内 敏正》
1.はじめに
2.寿命研究
3.食餌/食事制限による寿命延長効果
4.寿命を制御する経路/メカニズム
5.寿命を延長する方略
6.おわりに
第3節 モデル生物を用いた栄養・代謝シグナルが関与する寿命制御機構の解明
《堀川 誠,水沼 正樹》
1.はじめに
2.モデル生物間の栄養要求性の違い
3.糖および炭水化物の量・質的変化が与える寿命への影響
4.アミノ酸およびその代謝産物の量・質的変化が与える寿命への影響
5.脂質の量・質的変化が与える寿命への影響
6.まとめ
第4節 D-アルロース、D-アロースおよびD-グルコサミンの寿命延長効果
《新谷 知也,佐藤 正資》
1.はじめに
2.D-アルロース
3.D-アロース
4.D-グルコサミン
5.課題と展望

第7章 オートファジーと老化
第1節 加齢とオートファジー 《清水 重臣》
1.はじめに
2.オートファジーの概要
3.オートファジーの分子機構
4.加齢によるオートファジーの変化
5.オートファジーと寿命
6.オートファジーと老化
7.マイトファジーと老化
8.臓器の老化とオートファジー
9.加齢に伴う疾患とオートファジー
10.おわりに
第2節 オートファジーを誘導する栄養素と寿命制御(分裂酵母の寿命研究)
《大塚 北斗》
1.はじめに
2.老化・寿命研究のモデル生物:分裂酵母
3.分裂酵母の経時寿命研究
4.分裂酵母のオートファジーと寿命制御
5.まとめ

第8章 老化細胞の除去・制御による寿命延長
第1節 老化細胞除去モデル 《川口 耕一郎,杉本 昌隆》
1.はじめに
2.加齢と細胞老化
3.SASP と老化
4.老化細胞除去モデルマウス
5.長寿動物における老化細胞除去システム
6.ヒトにおける老化細胞の除去
7.おわりに
第2節 発がんにおける細胞老化 《田口 純平,山田 泰広》
1.はじめに
2.細胞老化のがん抑制作用
3.老化細胞の細胞非自律的作用
4.細胞老化の可逆性
5.発がん過程での細胞老化反応におけるエピゲノム制御
6.細胞老化を介したがん幹細胞性獲得
7.個体レベルでの老化研究の問題点
8.おわりに
第3節 セノリティクスの探索:老化細胞除去の可能性と問題点 《脇田 将裕,原 英二》
1.はじめに
2.細胞老化の誘導メカニズムとその多様性
3.細胞老化の生理作用
4.細胞老化を標的とした抗老化の可能性
5.老化細胞除去(セノリシス)薬の開発
6.SASP 誘導調節薬の開発
7.おわりに
第4節 老化細胞の性質の詳細な解析から新たに同定されたセノリティクスGLS1 阻害剤
《川上 聖司,城村 由和,中西 真》
1.加齢と老化細胞
2.in vivo における老化細胞の解析
3.老化細胞を選択的に除去するGLS1 阻害剤
4.GLS1 阻害剤をはじめとするセノリティクスの展望
第5節 老化抗原(seno-antigen) を標的としたsenolytics の開発 《須田 将吉,南野 徹》
1.はじめに
2.現在の抗老化治療とその課題
3.Seno-antigen を標的としたsenolytics の開発
4.今後の展望
第6節 SASP 制御による病態制御と寿命延長 《田中 久通,高橋 暁子》
1.はじめに
2.SASP 因子
3.SASP の誘導機構
4.SASP の生体機能
5.SASP が関わる病態
6.SASP 制御による老化の制御
7.今後の課題
8.おわりに

第9章 ニコチンアミド・モノヌクレオチドと寿命延長
第1節 NAD 代謝による老化・寿命制御 《夜久 圭介,中川 崇》
1.はじめに
2.NAD 合成経路の概要
3.NAD 代謝と寿命
4.NAD 前駆体の寿命延長効果
5.NAD 前駆体を用いたヒト臨床試験
6.おわりに
第2節 ニコチンアミド・モノヌクレオチドの臨床応用 《入江 潤一郎,伊藤 裕》
1.はじめに
2.NAD+ の合成と代謝機構
3.加齢とNAD+ 代謝
4.加齢に伴うNAD+ 代謝の変化とNMN による治療戦略
5.NMN がヒトのNAD+ 合成・代謝と身体機能に与える影響
6.おわりに
第3節 ニコチンアミド・モノヌクレオチドの商品化 《狩野 理延,中島 良太,山名 慶》
1.はじめに
2.NMN との出会い
3.ニュートラシューティカル
4.NOMON 立ち上げ
5.NMN サプリメントの製品化
6.NMN サプリメントの製造品質管理体制
7.NMN サプリメントの臨床試験
8.プロダクティブ・エイジングの実現に向けて

第10章 組織からみた寿命延長研究
第1節 造血系抗老化システムの解明 《城下 郊平,田久保 圭誉》
1.造血システムと加齢
2.造血幹細胞の加齢変化と分子機構
3.加齢造血幹細胞の抗老化への試み
4.クローン造血(CHIP)
5.おわりに
第2節 免疫老化制御と寿命延長
《山本 伸一,大谷木 正貴,安藝 大輔,伊藤 美菜子,吉村 昭彦》
1.はじめに
2.免疫老化が全身,臓器の老化を誘導する
3.SA-T と老化関連疾患
4.CD8+T 細胞とがん
5.免疫老化と認知症
6.CD8+T 細胞疲弊の分子メカニズム
7.免疫老化の抑制,改善が全身の老化を抑制するか?
8.おわりに
第3節 脳老化制御による健康寿命延長の可能性 《齊藤 貴志》
1.はじめに
2.認知症・アルツハイマー病
3.AD マウスモデルは脳老化モデルか?
4.AD 病態と神経炎症,細胞老化
5.脳? 末梢連関とAD 病態
6.おわりに
第4節 腸内細菌制御による寿命延長の可能性 《内藤 裕二》
1.はじめに
2.高齢者の腸内細菌叢の特徴
3.百寿者の腸内細菌の特徴
4.腸内細菌叢から寿命を予測する
5.腸内細菌叢を標的にした寿命延長
6.糞便移植による寿命延長
7.腸内細菌代謝物による寿命延長
8.おわりに
第5節 体内時計制御による寿命延長の可能性 《羽鳥 恵》
1.はじめに
2.哺乳類の概日時計と時計遺伝子群
3.光受容体メラノプシンと光感受性網膜神経節細胞
4.末梢組織と概日時計タンパク質
5.加齢に伴う時計関連分子群の変化
6.メラノプシンと疾患
7.非視覚応答にはmRGC が必須である
8.一日の中での食事をする時間幅を制限すると,体重増加を防ぐことができる
9.さまざまな時間制限摂食の報告例
10.おわりに

第11章  ショウジョウバエから見えてきた細胞老化と
個体老化のメカニズム 《井藤 喬夫,井垣 達吏》
1.モデル生物で見出された個体寿命の制御因子
2.ショウジョウバエにおける細胞老化現象
3.細胞老化誘導のマスター制御因子Pointed/ETS
4.FoxO はPointed/ETS の発現を抑制して細胞老化を阻害する
5.Pointed は個体寿命を負に制御する
6.FoxO による新たな個体寿命制御メカニズム
7.おわりに

第12章 国内外の寿命延長研究の動向 《勝海 悟郎》
1.寿命延長研究・老化研究の各国での現況
2.寿命延長研究・老化研究の臨床応用の現況
3.抗細胞老化治療の現況
4.寿命延長研究・抗老化研究の展望と課題
5.さいごに

※本書に記載されている会社名,製品名,サービス名は各社の登録商標または商標です。
なお,必ずしも商標表示(®,TM)を付記していません


    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com