촉매를 이용 이산화탄소를 유용한 성분으로 전환 – 카본 리사이클

출판: ネオテクノロジー(NeoTechnology)  출판년월:2022년07월

触媒を利用した二酸化炭素の有用成分への変換 ~カーボンリサイクルに向けて~ – ダイナミックマップ
촉매를 이용 이산화탄소를 유용한 성분으로 전환 시키는 기술(카본 리사이클을 향해) – 다이나믹맵

페이지수 NA
가격 180,000엔
구성 일본어조사보고서(온라인 액세스)

리포트목차    주문/문의    납기/라이센스안내

Sample Request

네오테크놀로지 「촉매를 이용 이산화탄소를 유용한 성분으로 전환 ~ 카본 리사이클을 향해 ~」는 탄소  리사이클로 이어지는, 촉매를 이용한 이산화탄소의 유용 성분 변환에 관한 특허 정보를 정리한 네오 테크놀로지의 다이나믹 맵 시리즈 보고서입니다。

다이나믹 맵 시리즈에 대한 자세한 내용은여기를참조하십시오.

当レポートについて – 이 보고서에 대해

「2050年カーボンニュートラル」に向けて、様々な企業が、温暖化ガス低減と経済的成長を両立させる「グリーン成長」のビジネスチャンスを狙っています。ネオテクノロジーでは、カーボンニュートラルの主要課題である二酸化炭素の吸収・利用・貯留に着目し、各種特許レポートを発刊しています。これまでにも、「二酸化炭素CO2分離膜」や「藻類による炭酸ガスの吸収・利用」等の特許レポートを発刊してまいりました。

近年、二酸化炭素を“資源”ととらえ、素材や燃料等に再利用することで大気中への二酸化炭素排出を抑制する「カーボンリサイクル」に注目が集まっています。

本書では、二酸化炭素を再利用するために、還元等の反応を利用する触媒技術に着目して最近の特許情報を調査しました。


「2050년 탄소 중립」을 향해 다양한 기업들이 온난화 가스 저감과 경제적 성장을 양립시키는「그린 성장」의 비즈니스 기회를 노리고 있습니다. 네오테크놀로지에서는, 카본 뉴트럴의 주요 과제인 이산화탄소의 흡수·이용·저류에 주목해, 각종 특허 리포트를 발간하고 있습니다. 지금까지도,「이산화탄소 CO2 분리막」이나「조류에 의한 탄산 가스의 흡수·이용」등의 특허 리포트를 발간해 왔습니다。

최근, 이산화탄소를 “자원”이라고 파악해, 소재나 연료 등에 재이용하는 것으로 대기중으로의 이산화탄소 배출을 억제하는「카본 리사이클」에 주목이 모여 있습니다。

본서에서는 이산화탄소를 재이용하기 위해 환원 등의 반응을 이용하는 촉매기술에 주목하여 최근 특허정보를 조사했습니다。

 

【調査対象とした技術 – 조사 대상으로 한 기술】

二酸化炭素を再利用するために、還元等の反応を利用する触媒技術を取り上げました。

この場合、「還元」や「反応」という用語に限らず、炭酸ガスを何らかの方法で、有用な物質に変換する技術を対象としました。既存のメタン化触媒などの表現で具体的な触媒の種類が記載されていない場合でも採用しています。

ただし、下記に該当する技術はノイズ情報として除去しました。

触媒を一切使用しない反応であることが明らかな場合、酸・アルカリ反応であっても他の物質への変換ではなく、単なる吸収・貯蔵等である場合等はノイズ情報として除去しました。


이산화탄소를 재사용하기 위해 환원 등의 반응을 이용하는 촉매 기술을 채택했습니다.

이 경우, 「환원」이나 「반응」이라는 용어에 한정되지 않고, 탄산 가스를 어떠한 방법으로, 유용한 물질로 변환하는 기술을 대상으로 했습니다. 기존의 메탄화 촉매 등의 표현으로 구체적인 촉매의 종류가 기재되어 있지 않은 경우에도 채용하고 있습니다.

단, 아래에 해당하는 기술은 노이즈 정보로서 제거했습니다.

촉매를 일절 사용하지 않는 반응인 것이 분명한 경우, 산·알칼리 반응이라도 다른 물질로의 변환이 아니고, 단순한 흡수·저장 등인 경우 등은 노이즈 정보로서 제거했습니다.

 

【調査対象とした特許情報 – 조사 대상으로 한 특허 정보】

2017年7月1日から2022年5月31日までに発行された国内公開・公表・再公表特許情報の総件数2201件を調査し、本件技術に該当する656件を抽出しました。


2017년 7월 1일부터 2022년 5월 31일까지 발행된 (일본)국내 공개·공표·재공표 특허 정보의 총 건수 2201건을 조사하여 본건 기술에 해당하는 656건을 추출했습니다.

 

■技術と企業の全体像を俯瞰できるダイナミックマップ

本ダイナミックマップは、タイトルテーマ技術に関する特許情報の調査結果を、技術分類ごとに分けた技術側と出願上位10社までの企業側の2軸から閲覧することができる電子版特許調査報告書です。『技術側』では出願件数推移グラフや技術の企業シェア等を掲載し、『企業側』では出願内容を技術分類ごとに分けたレーダーチャートや発明者リスト、共同出願人リスト等を掲載しています。

特許調査、技術動向把握、事業経営企画のための特許調査資料としてご利用ください。


목차

【技術分類】

◇一酸化炭素への還元 – 일산화탄소로 환원

二酸化炭素と水、炭化水素などとフィッシャートロプシュ法による原料である合成ガスの製造など、一酸化炭素を含む組成物等を生成する触媒技術に特徴がある特許情報を取り上げました。

◇メタノール等の生成 – 메탄올 등의 생성

二酸化炭素とその他の原料を用いて、メタン、メタノール等の低分子化合物を生成する触媒に特徴がある特許情報を取り上げました。

・メタン等の炭化水素

・メタノール等のアルコール

・ギ酸等の低分子化合物

◇複雑な化合物の生成 – 복잡한 화합물의 생성

複雑な化合物(高分子)などを生成する触媒に特徴がある特許情報を取り上げました。

◇電気化学反応の触媒 – 전기 화학 반응의 촉매

カソード電極による電気化学的還元による二酸化炭素の還元において

二酸化炭素の吸蔵など別途使用する触媒に特徴がある特許情報を取り上げました。

◇その他 – 기타

上記分類に属さない特許情報を取り上げました。

◇参考情報 – 참고 정보

上記分類には該当しないが、ノイズとして排除するより技術的に参考例として収録しておきたい特許情報等を取り上げました。


    • 리포트 제목은 자동으로 입력됩니다.
    • *항목은 필수항목입니다.

    의뢰분류*

    성함*

    회사명*

    부서명

    이메일*

    전화번호

    저희 사이트를 알게 된 경로를 가르쳐 주세요.

    문의 내용*

     

    ※개인정보보호정책은여기에서 확인 가능합니다。

    Email 문의도 받고 있습니다.
    아래 주소이며 죄송하지만 "(at)"을 "@"로 바꾸어 보내주시길 부탁드립니다.
    mooneui(at)chosareport-korea.com